相続相談センター

債務整理費用を比較するポイント

被相続人が死亡した場合、被相続人の財産は相続人の共有財産になります

そのため、一緒に住んでいた、面倒をみたなどの理由で勝手に相続財産を取得することはできません

自筆証書遺言

被相続人が死亡した場合、法律にのっとった相続人が決まっています。相続人は以下の順番で決定されます

@配偶者及び子(子が死亡している場合は子の子(孫など))

A配偶者及び父母(父母が死亡している場合は祖父母(曽祖父母など))

B配偶者及び兄弟姉妹(兄弟姉妹が死亡している場合はその子)

相続を開始する場合、一番大切なことは相続人を確定させることです。

もし相続人を間違えてしまったり、相続人を忘れてしまっていた場合、相続は取り消され相続を最初からやり直さなければならなくなります

相続が取消された場合、せっかく不動産の名義を変更したり、金銭の授受が行われても返却することとなり、出費も時間もかかってしまいます

そのため相続が開始された場合、最初の手続きである相続人の確定はしっかりと戸籍等を確認し間違えのないよう慎重に進めていく必要があります

もしご自身で戸籍等の見方がわからない、相続人があっているのか不安といった場合は専門家に相談されるのがよいかと思います