相続相談センター

遺言書の作成

相続において、被相続人や相続人が気がかりとなるものに相続税があります。

相続税は相続人にとってかなりの負担を強いるものとなります。

例えば、被相続人の財産が現金であれば特に問題はないのですが、土地や建物などの場合相続税を土地や建物で払うわけではありませんので、相続人は現金を用意する必要が出てきます。

このような場合には、相続人は相続をすることにより土地や建物を売却して税金を払うことになる場合もあり、結局相続した土地や建物を手に入れることができない場合もあります

このような相続税の負担を軽減するために、被相続人は相続開始前に生前贈与をすることもできます

生前贈与の場合は、相続ではないため相続税はかかりません。

ただし、贈与税がかかります。

贈与税も相続税も基礎控除額を超えなければ発生しない税金です。

そのため、生前に基礎控除額以下の贈与を行うことにより相続時における相続財産を減らし、相続税を減らしたり相続税がかからないように工夫することにより相続時の悩みも軽減することができます