相続相談センター

遺言書の有無の確認

被相続人の死亡により相続が開始された場合、まずは遺言書の有無を確認する必要があります

なぜなら、相続人間で遺産分割協議をし、せっかく内容が確定しても遺言書の内容が遺産分割協議の内容と異なる場合、遺産分割協議が無意味になる場合があるからです

そのため、相続が開始された場合、まずは遺言書の有無を確認しましょう

また、遺言書が見つかっても「公正証書遺言」以外の場合は、裁判所での検認の手続きが必要になりますので勝手に開封しないように注意しましよう