相続相談センター

相続の承認、放棄、限定承認の判断

相続か開始された場合、相続人は相続を承認するのか、相続を放棄するのか、相続を限定承認するのかを判断する必要があります

相続においては、必ず被相続人の財産を相続しなければならないわけではないので借金などが多い場合などはよくご検討されるようにしましょう

相続の承認

一番一般的な方法は、相続の承認です。

被相続人が死亡した場合、持家や自動車、預貯金などは相続の承認をすることにより相続人のものとなります。

相続人が複数いる場合は、これらの遺産を法定割合により分配したり、遺産分割協議により相続分の割合を決定します。

ここで注意するべき点は、被相続人の遺産はすべて相続人のものとなる点です。

つまり、持家や自動車、預貯金などだけではなく自動車のローンや借金まですべて相続されられることになります。

そのため、プラスの遺産が負の遺産より少なければ相続人は借金を背負わされることになる可能性があります。

相続の放棄

上記のような場合、以外にも被相続人にプラスの遺産がなくただマイナスの遺産だけの場合もあります。

このようにマイナスの遺産ばかりの場合、相続人は相続を放棄することができます。

相続を放棄すれば、相続人はマイナスの遺産を相続しなくて済みます。

そうすれば、被相続人の借金の取り立てなどにはあうことはなくなります

ただし、ここでも注意すべき点があります。

相続を放棄するとプラスの遺産も放棄しなければならず、被相続人の持家や自動車、預貯金といった一切のものが相続できなくなります。

そのため相続の方法をする場合よく検討したうえで判断する必要があります<。/p>

また、相続の放棄は、単に放置していても相続を放棄することはできません。

相続を放棄するには、相続を知ってから「3か月以内」に「裁判所に相続放棄の申述」をしなければなりません

もしこの期間を過ぎれば相続放棄が認めれらない場合がありますのでご注意ください

相続の限定承認

「でも、被相続人の財産がいくらあるかなんてわからない」という方がほとんどではないでしょうか。

家族であっても自分の資産は教えたくないし知られたくないといった方が大半でかと思いますので、相続人は被相続人の遺産内容がわからないことが大半です

「でも相続放棄をするなら3か月以内にしなければならないし、プラスの財産があるのなら相続したい・・・」

そう考える方が大半かと思いますので、相続では限定承認という方法があります。

相続の限定承認も「3か月以内」に裁判所に「相続の限定承認の申述」をする必要があります。

相続の限定承認とは、被相続人のマイナスの財産があれば、それをプラスの財産で支払い残額がプラスであればその場合のみ相続をするという方法です。

この場合は、もし被相続人の遺産がマイナスになっているようであれば相続放棄の手続きと同じであり、プラスになっているようであれば相続の承認と同じようになります。